最近評判のオール電化やオールガスでの水道工事

現在の給湯器は暖房と一緒になっているものが少なくありません。いわゆる給湯暖房器と言われているものです。暖房設備と給湯器が一体になった大掛かりな設備です。この設備を導入したり交換したりするには大掛かりな水道工事が必要になります。簡単に給湯器 修理だけというわけにはいきません。評判はもちろんのこと自治体の指定業者に依頼しなければなりません。設備自体だけではなく他の水道インフラにも関わる場合があります。業者の選定後は給湯暖房器の種類の選択もあります。使用エネルギーを何にするか、つまり電気・ガス・灯油のどれを使ったものにするかを決めます。

■電気の給湯器

電気の給湯器を導入するメリットとして、オール電化の導入があります。電力会社にもよりますが、熱を使用する設備をすべて電気にすることによってオール電化移行の割引もあります。特に、ガスや灯油からの変更であれば特典がついてきたりもします。最寄りの電力会社のホームページや工事業者の担当者に確認して検討しましょう。
電気の場合、停電の際には使えなくなることも視野に入れなければなりません。それを補うためには太陽光発電機の設置を一緒に行うのも解決策の一つです。それでもまだ不安であれば発電機を備えておくという方法もあります。
電気の給湯器を導入する際はオール電化にするとメリットが大きいですが、さまざまな事態も想定し不安をできるだけ解決し安心して行うことが必要です。

■ガスの給湯器

以前の古いガスや灯油の給湯器はエネルギー効率があまりよくありませんでした。しかしながら、現在のガス給湯器はエネルギー効率が飛躍的に向上しています。ガスを燃やしたエネルギーを無駄なく使っています。その証拠に給湯器を触っても熱くありません。それだけ外に熱を漏らすことなく水を温められているということです。
オール電化同様のメリットをガスでも得られます。それは、電力の供給をガス会社に変えることです。電気事業の規制緩和で大手ガス会社のほとんどが電気の供給も始めています。コンロ、給湯暖房器、電気とすべて同じガス会社にすることで特典や割引が受けられることもあります。こちらもホームページや業者の担当者に確認しましょう。

■まとめ
ブラックアウトという大規模停電が起きることもあります。給湯器 修理や入替を検討する際はオール電化にせよガスにせよどちらであっても停電への備えは必要になります。評判を参考にしながらメリット、デメリットをしっかり調査して検討することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ