給湯器のトラブルは評判だけでなく水道局指定の業者に依頼を

水道工事で頻繁に行われるものの一つとして給湯器の修理があります。キッチンの給湯器の故障は調理や片付けの際にお湯が使えなくなりますので、冬場の洗いものが大変になります。そのため、不調の兆候がある場合は冬が来る前に解決しておきましょう。お風呂の給湯器の故障であれば早急に解決しなければシャワーすら浴びられません。汗をかく夏場は1日に数回シャワーを浴びることもあります。賃貸であれば大家さんに連絡して解決してもらい、持ち家であれば業者を呼んで見てもらいましょう。その際には評判だけに頼るのではなく水道局の指定業者から選ぶことが大切です。

■給湯器 水漏れ

給湯器の故障の原因の一つに給湯器 水漏れが挙げられます。温度調節がうまく行かないなど、今まで出来ていた機能がうまく働かなくなったら水漏れを疑ってみましょう。シンクの上に備え付けられている給湯器であると、漏れている水はシンクに落ちるので気が付にくいです。おかしいと思ったら給湯器から水滴が落ちていないかしばらく観察することが必要です。
水滴が落ちてきているのを確認したら、どこから漏れているか探してみましょう。その際、自分で分解することは絶対に避けましょう。危険ですし後で取り返しがつかなくなるかもしれません。中をのぞいて分からなければそのまま業者を呼びます。
水漏れ場所が自分で特定できる場合は、自己対処が可能かを判断します。ジョイント部のゆるみであれば自分で締めてみます。それでも漏れが直らなければ業者を呼びます。決して無理な修理を試してはいけません。

■給湯器の換気

給湯器使用で注意が必要なのが換気です。換気が不十分だと不完全燃焼による一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。換気が十分かそうでないかは火の色を確認するとできます。給湯器には炎の様子を確認できる窓があります。火の色が青ければ十分な酸素が供給されており問題ありません。一方、火の色がオレンジ色であれば換気が不十分で一酸化炭素を発生させている可能性があります。すぐさま使用を止めてしかるべき処理をします。使用中は換気扇を回しましょうと注意書きがあるかもしれません。その場合は換気扇を回してみて炎の色を再度確認してください。青に変わっていれば今後は換気扇の使用を忘れずに行いましょう。火の色がオレンジ色から改善しないときは、賃貸であれば大家さんへ、持ち家であれば自分で業者を呼びます。

■まとめ
どの家庭にも付いている給湯器ですが、使い方を誤ると大変なことになります。単純な水漏れから重大事故につながりかねない不完全燃焼まで様々な問題があります。自己対処は決して無理することなくプロの処置を手配するほうが無難です。評判や口コミも参考になりますが、それだけに左右されずに水道局の指定業者を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ